《INSANES》BOOST HUB分解・メンテナンス

2016/10/28 Insanes, Products

昨日から発送を開始した、

新製品のINSANES BOOST HUB

早速、分解メンテの方法を画像を交えて解説

新品状態でも工場出荷状態ではなく一度分解してグリスアップなどを行えば、
よりスムースに、また長期間の使用が可能になるので参考にしてください。

今回使用する工具

img_5116

ハブ スパナ 17mm 2本
ケミカル2種 テフロングリース、TIスプレー、もしくは車のエンジンオイル

img_5118

2枚のスパナを使ってロックナットを緩めます。右か左かが緩みますがどちらが緩んでも問題ありません。

img_5119

シャフトを抜きます。

img_5120

左ナットが緩んだらシャフトと一緒にフリーボディーも一緒に抜けます。

img_5121

バラしたらオイルや汚れを拭き取り、シャフトに錆防止のテフロングリースを薄くシャフト全体とネジ山に塗ります。

img_5123

今回はシールを外してみます。フリーボディーとハブ本体の間にある1枚のワッシャーを1度外しておきましょう。

img_5124

INSANESのハブ内部の爪(PAWL)がハブ本体のサイドにあるためノッチ数を稼ぎバックラッシュが少なく爪の数の多い分ダイレクトに力を伝えることができます。 また、爪の角度が鋭角(Pat.)になっている為に動きが早く、これもバックラッシュの予防になっています。

img_5131

爪を清掃し、あまりバラさないライダーは軽く粘度の低いテフロングリースを薄く爪とハブ本体の接点に塗ってください。 よくバラすライダーはやらなくていいですよ!

img_5133

フリーボディー及び先ほどの爪とハブ本体のスプリング部にはTIスプレーもしくは車のエンジンオイルを満遍なく塗ります。

img_5134

フリーボディーの内部のアルミシャフトにもテフロングリースを綿棒を使って薄く塗ります。

img_5135

フリーボディーとワッシーをシャフトに戻します。

img_5136

シールを表裏間違えないようにいれ、ハブ本体にシャフトとフリーボディー及びワッシャーを戻します。

img_5139

シールとワッシャー
左がシールでこちら側が表
ハブ本体外側に向けます。

img_5137

手でハブ本体にフリーボディーを奥までしっかりと入れてからスパナでカチッと止まるまでサクッと締めます。
フリーが回るか、ガタが無いか確認要。

img_5138

綺麗に余分なオイルなどを拭き取りしたら、
出来上がり!

INSANESのXD Driverに交換すればより軽量になります。

Let’s Try !!

Text:Insanes SuNao /世良

2016.10.28 17:31 追記
XD Driverに付属のシールとワッシャーはShimano用と同じものです。
スペアとしてShimano, XD Driveともにご利用いただけます。